NEWS

rosefesta

2020.10.10

靱公園バラ祭のオンライン開催にシステム協力

株式会社Universal Technologies(本社:大阪市中央区)は、靱公園バラ祭のオンライン開催にWEB制作,配信環境,全体ディレクションとしてシステム協力いたしました。
靱公園バラ祭は2006年から毎年開催されるイベントで今年で15年目を迎え、毎年2日間で約5万人を超える来場者となります。今年は新型コロナウイルスの影響で例年通りの開催が難しいため「ONLINE ROSEFESTA2020」として初のオンライン開催を行いました。開催に当たって弊社は全体ディレクション,WEB制作,配信協力として協力させていただきました。


2020.08.25

大阪スマートシティパートナーズフォーラム設立式典に参画

大阪スマートシティパートナーズフォーラムの第1回総会・設立式典がリーベルホテル アット ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(大阪市此花区)で開催され株式会社Universal Technologies(本社:大阪市中央区)も参画いたしました。
第一部・総会では自治体・企業・団体合わせて176の会員が出席し、規約、役員名簿、事業計画、予算に関する議案が承認され、大阪スマートシティパートナーズフォーラムの会長に坪田 知巳スマートシティ戦略部長が選出されました。第二部では、坪田部長が、「大阪スマートシティパートナーズフォーラムにおいて、公的利益と民間利益が両立するエコシステムを作って持続的なスマートシティにしていく」と述べました。第三部・設立式典では『ウィズコロナ・アフターコロナのスマートシティ~2025年大阪・関西万博に向けて~』をテーマに西澤良記氏(公立大学法人大阪 理事長)、森清氏(公益社団法人2025年日本国際博覧会協会 理事・副事務総長)、永藤英機氏(堺市長)、吉村洋文氏(大阪府知事)によるパネルディスカッションも行われました。その中で吉村知事は、「2025年大阪・関西万博に向け、府民の生活を豊かにし、社会課題の解決ができるスマートシティを目指していきたい」と述べ、本フォーラムに大きな期待を寄せました。


2020.08.25

大阪スマートシティパートナーズフォーラム会員として参画

大阪府内市町村と連携して、"大阪モデル"のスマートシティの実現に向けた推進体制とした「大阪スマートシティパートナーズフォーラム(会長:CIO兼大阪府スマートシティ戦略部長 坪田知巳)」を設立し、株式会社Universal Technologies(本社:大阪市中央区)も会員として参画致しました。
大阪スマートシティパートナーズフォーラムでは少子高齢化や人口減少、ポストコロナへの対応など、大阪府や府内市町村の持つ課題の見える化および課題解決に向けたソリューションを持つ企業と企業、行政を繋ぐコーディネートやテーマに応じたワーキンググループやセミナーの開催、大阪のスマートシティ推進に関する幅広い情報発信により、企業やシビックテック、府内市町村、大学等と連携して"大阪モデル"のスマートシティの実現に向けた取組を推進します。


2020.05.21

朝日新聞、東京新聞など全国10紙以上で掲載

朝日新聞,東京新聞の1面を含む全国10紙以上の新聞にて、弊社代表取締役 小田翔武が「SAVE THE LIVEHOUSE」プロジェクトの発起人代表として取材,掲載されました。
SAVE THE LIVEHOUSEは現在までに約15,000,000円以上の支援額を達成しました。


2020.04.22

MBS毎日放送「ミント」にて取材放送

MBS毎日放送「ミント」にて、弊社代表取締役 小田翔武が発起人代表として立ち上げた「SAVE THE LIVEHOUSE」プロジェクトについて取材,放送していただきました。

「SAVE THE LIVEHOUSE」プロジェクトについて
全国のライブハウスにドリンク代金を事前に支払うことでライブハウスを応援することができるサービスです。新型コロナウィルスの影響により営業自粛を余儀なくされ全国的に経済的な打撃を受けているライブハウス。この状態が続けば多くのライブハウスが閉店せざるを得ない状況です。また以前と同じようにライブハウスで音楽を楽しめるように。ライブハウスが今を乗り越えられるように。ひとりひとりが直接応援できるプラットフォームを立ち上げました。

CONTACT

お問合せ・ご相談はこちらから